• HARUNA

雨の日の農家の手仕事:小豆の選別のお手伝い

更新日:5月17日


LOVE LIFE FARMさんでのお手伝いの記録です。


本日は雨。雨の日でも色んなお仕事を各種取り揃えております、ということで、雨の日レポートをお送りします。


本日の農家の手仕事は、小豆の選別!

・黒くなってしまったもの

・欠けているもの

・カビっぽいものが生えて白っぽくなってしまったもの

などをはじいて、きれいな小豆のみを残します。


LOVE LIFE FARMの金子さん、ゆかさん、参加者の私の3人で、ひたすら選別。

120%地味な作業ではありますが(笑)、3人でやると、ものすごく会話がはずみます。

金子さんはなぜ「無理の無い自給自足生活」を始めようと思ったのか、どうやって農家になっていったのか、今どんなことを考えているのか、、、など色々お話を聞くことができました。

そして金子さんがきいてくれた問い「HARUNAは最初に僕のところにきたときから『Sustainableな食』『人に地球にHAPPYな食』『みんなもっと自分が何食べてるか知ったほうがいいと思うんですよね~』を繰り返し言っているから、それはコアな部分だと思う。だけど、なぜそれを思うに至ったのかな?」から始まり、さかのぼれば小学校4年生のマラソン大会のときの食体験が原体験かも、とか、そんな話をしていました。


対話、、、内省、、、小豆選別瞑想、的な感じでした。笑

いや~いい時間でした!


3人がかりで1.5時間の成果がこちら!

1.3kgの小豆が選別できました。

残念ながらOK小豆とクズ小豆の量が同じくらい。

このあとは、瓶に詰めて保存します。

便に入れて蓋をしめると、小豆が呼吸をしているから、徐々に酸素が無くなって真空状態になり、虫さんたちが生きられない環境ができあがります。

LOVE LIFE FARMさんには、色々な作物の瓶詰があります。

小豆は出荷しているわけではなく、あくまでLOVE LIFE FARMさんの酵素玄米用=自給自足用なので、なかなか選別機を買うまでに至りません。

選別機はうん十万円するそうです。

そのため選別を手作業でする必要があるのですが、他の畑仕事がある中で、なかなか優先度が上がらない、、と金子さんは言います。

収穫してすぐ選別作業ができれば、もっと格段にクズ小豆は少なくてすむ!ということで、来年は収穫後すぐに選別作業ができるよう、お手伝いの方を募集できると良いですね、と話してきました。


ちなみに、酵素玄米の写真を撮り忘れましたが、めちゃくちゃおいしいです。

酵素玄米専用の保温機もあって、本格的!

雨の日はLOVE LIFE FARMさんが運営する農家民宿 楽屋での作業となることも多いので、雨の日にあたった方は、見てみてくださいね。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示