top of page
  • 執筆者の写真HARUNA

シカの襲来、そして全滅・・・(2023青山在来大豆生育レポート④)

更新日:2023年9月7日

こんにちは、PETIT FARMERS(プチファーマーズ)のHARUNAです。



シカしながら!

シカ!シカ!!シカ!!!

シカが来ましたーーー😭

きれいに食べてゆきました・・・

青山在来大豆、シカに食べられる

今回、青山在来大豆は2枚の畑を使って育てていただいていますが、

そのうち1枚の畑の1/3くらいがやられました💦


食べられてしまった箇所の種をまきなおしつつ、ここから鹿対策してくださるそうです。


実は7月上旬の今の時期は、夏野菜の収穫の真っ盛りだったり、冬の畑の準備などが重なる時期で、しかも暑すぎて昼間は作業できない・・・という状況です。

何をやって何をやらないかの選択を日々迫られる中で、大豆を育ててくださっています。


本当は鹿対策として、電気柵で畑を囲むなどができると一番良いのですが、発芽して成長するまでの約2-3週間のためだけに、作業時間が1日単位でかかる電気柵を設置するのはどうしよう・・・鹿が来ないように祈るか・・・と悩んでいるうちに、今回のように鹿に食べられるという感じです🦌


そして次の日・・・


味をしめたシカが仲間を連れてきて、残りの無事だった範囲も食い尽くしていきました。

7月16日、農家さんが全ての種をまきなおしをしてくれました。

ここで雨が降れば今からでも間に合いそうです!翌週の雨に期待☔️


シカの他にハトも来ていて、ハトも結構パクパク食べてゆくので、今回は畑全体にピアノ線のような透明の糸を張り巡らせて、対策してくださってます。

このピアノ線があることで、シカやハト(その他鳥も含め)が、何かが当たるなぁ、と嫌がって逃げてくれます。

青山在来大豆、シカ対策

また発芽して、育ってくれますように!!

閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page