• HARUNA

大豆の芽が出ました!(大豆生育レポート③)

こんにちは、プチファーマーズのHARUNAです。


6月30日に種まきをした大豆(大豆の種まきのお手伝い(大豆生育レポート②)参照)。

7月15日に畑を尋ねたところ、芽がちらほら出ていました!


全体としてはこんな感じです。

大豆の芽より、雑草の方が目立つ感じです。


本来ならばこのタイミングで除草をしないといけないのですが、7月12日の記録的大雨によって、畑がぬかるんでいて入ることができません。


一部、水がぬけきっていない範囲もあり、このあたりの種は流されてしまったと思います。


発芽していなかったら、すべての種が流されてしまっていたと思うと、少しでも芽の出ているものがあってよかったです。


大雨の後の畑レポート」に書きましたが、例年の7月分の2倍量の雨が一気に降ったことにより、畑がじゃぶじゃぶです。

地面の下に吸収されていく容量を越したので、水が上に溜まってしまっている状態ですが、この状態が長く続くのはあまり好ましくなく、この後の生育状況は、しっかり観察していきたいと思います。


ちなみにもう1つの大豆畑。全然状況が違うのがわかりますか?

びっしり、発芽しています!


金子さんによると、畑の土質も違うけれど、それよりも種をまいたタイミングだろう、ということでした。

前の畑に種をまいたのが6月30日(私が参加した炎天下の日)。

その後、炎天下の日が2-3日続き、その後に種をまいたのがこちらの畑。7月4日。

日照りがキツく、雨も降らなかったので、2-3日の日照りを避けたこちらの畑のほうが発芽が良かったそうです。

4日違うだけで、こんなに差がでるのですね!


こちらの畑も水に浸かってしまっている部分があるので、生育状況をしっかり観察していきたいと思います。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示